日記

 おうち時間の充実と再始動【2023.11月日記】

持病の治療と共に活動量自体を減らしたおかげもあって、のんびり過ごすこの頃です。

寒さのためか、「がっこう やだ」という息子くんと共に自宅で過ごすことが増えています。

付き添う私も4年目の冬にもなると耐性がついてきて、色々と工夫するようになりました。

小型のプロジェクターをキッチンに置いて壁に好きな動画を投影し、映像・音楽を流しなら家事をしています。

内服薬の作用上、脱水になると中毒症状が出やすくなるので水分を定期的に摂る必要があるのですが、ちょっとしたカフェコーナーを作って愉しんでいます。

身の回りの不要品を処分したり、何となく使っていたアプリを解約したりと断捨離もしてみました。

そうやって自分の心地やさを優先して過ごしてみると頭痛や忘れっぽさも落ち着き、息子くんと笑顔で過ごすことも増えました。

時々、この自分の不安定さや持病のせいで息子くんが学校にいけないのでは・・・と気持ちが弱っているときは思ってしまうのですが、そうともいえないことはわかっているつもりなので一日いちにち、できたことや良かったことに目を向け数えていきたいなと思います。

自分のやりたいことを考えてみたのですが、今は自分の技術の研磨をしたいなと思います。

日本習字の昇段に取り組んでみます。また、ヴァイオリンはピアノなどの伴奏がなく、且つ著作権に触れないクラシック曲から好きな一曲を選んで楽譜を用意し練習を始めるつもりです。いつか弾けるようになれたらいいな(笑)。

まずは、そんなところですね。その内、もっと時間が取れるようになったら、活動を広げてみます。

あ、お正月の名曲、『春の海』をお琴と一緒にやってみることになりました。なかなか大変そうなのですが、愉しみたいです(笑)

ABOUT ME
やまもと佳星
アート好きの一児の母|息子(支援学校生)が不登校となり不安から母と離れられない状態に。息子の癒しと自身のリフレッシュを兼ねて活動を始める|保健師・アーツインストラクター

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA