徒然日記

自分亡き後の息子くんの人生を考えてみた

息子くんの母になって10年が経とうとしている。

ガムシャラにこなしてきた福祉の手続きも、少しだけ余裕を持ってできるようになってきた。

学校や放課後デイサービスへの利用頻度や傾向も一定のパターンができつつある。

現段階では、今の状態が息子くんの社会の中での居場所だ。

親亡き後のことを考えない日はない。

毎日のお世話に追われていた日々も少し落ち着き、考えることが多くなった。

私が80歳まで健在として、そのころ息子くんは44歳。

男性の平均寿命は80歳を越えてきているだろう。

ともすれば、44歳からの約40年、一人で過ごすことになる。

金銭的な心配もある。

後見人制度の改善は進まないだろうか・・・。

制度が理想に追いつけばいいなと思う。

様々な信託制度を調べてみようと思う。

それと同じくらい、地域での居場所をどうにかして作りたい。

先日、支援員さんとの面談でショートステイの利用について聞かれた。

利用資格の申し込みをしてみることにした。

今すぐに利用の予定はないけれど、見学を前向きに考えている。

チャレンジも失敗も何の問題もない。

成功の種に近づくだけ。

息子くんがやすらかにこの世界を旅立てるように

できる限りのことをしたいと思う。

いつも喧嘩してるけど・・・・

絶対、笑顔の素敵なおじいちゃんになれると思うんだよな(笑)

ABOUT ME
やまもと佳星
アート好きの一児の母|息子(支援学校生)が不登校となり不安から母と離れられない状態に。息子の癒しと自身のリフレッシュを兼ねて活動を始める。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA